共通4大ポイントサービスはどれがいい?比較してみた

共通4大ポイントサービスはどれがいい?

今やほとんどのお店がポイントサービスを取り入れてます。ありすぎて財布がパンパンになってる人も多いんじゃないでしょうか。

そのお店独自のポイントサービスだとまとめることもできないし、1店舗のために常に持ち歩くのも面倒です。それで結局使わなくなってしまったり・・・。もったいない(汗)

となるとできるだけ多くのお店でつかえる共通ポイントサービスが便利です。

そこで、対応ショップや会員数が多い4大共通ポイントを比較し、それぞれの特徴やおすすめクレジットカードを紹介します。

目次

4大共通ポイントを徹底比較!

4大共通ポイント
スクロールできます
 楽天
スーパー
ポイント
Ponta
ポイント
Tポイントdポイント
レート1円=1p1円=1p1円=1p1円=1p
有効期限最終利用日
から1年
最終利用日
から1年
獲得月から
11ヶ月後末
獲得月から
48ヶ月後末
会員数約11000万約8000万約6000万約6000万
提携店舗約60万店約14万店約53万店約2万店
電子マネー楽天Edyおさいふ
Ponta
TマネーiD
電子マネー
チャージ
楽天EdyなしSuicaiD
(dカード会員)
対応マイルANAJALANAJAL
貯まる
おすすめ
クレカ
楽天カードPonta
Premium
Plus
Yahoo!
JAPANカード
dカード
アプリ楽天ポイント
カードアプリ
Tポイント
アプリ
MyPontadポイント
クラブアプリ
対応
コンビニ
サークルK
サンクス
ポプラ
ローソンファミマ
スリーエフ
ローソン
対応
飲食店
ミスド
PRONTO
大戸屋
ケンタッキー
ガスト
吉野家
牛角
ドトール
マクドナルド
対応
デパート
大丸
松坂屋
ライフ(一部)マルエツ
東武ストア
三越伊勢丹
高島屋
対応
ガソリン
スタンド
出光昭和シェルENEOS宇佐美
ネット
ショップ
楽天市場ポンパレ
モール
Yahoo!
ショッピング
dマーケット
電力会社東京ガス
関西電力
東京電力
関西電力
まちエネ
東京電力
東京カス
ENEOSでんき
東京ガス
関西電力
中部電力

ポイント還元が凄いクレジットカードを上手に使ってポイ活しよう!

最近、節約術としてもお小遣い稼ぎとしても女子にも人気のポイントサイト。

ポイントサイトでポイントを貯めることは「ポイ活」と呼ばれ、多くの方が実践しています。

ポイ活の中でも人気のジャンルといえば、「クレジットカード」です。

ほかの案件よりも比較的高いポイントを獲得することができるため、人気の案件となっています。

この記事では、ポイ活女子におすすめのクレジットカードを紹介しながら、どのようなクレジットカードがポイ活と相性が良いのか説明していきます。

長期延滞中で超ブラックの私でも2枚目に作れたクレジットカードでポイ活中でしたが、諸事情により強制解約となりました。

ポイントを貯める活動やポイントで生活することをポイ活といいます。

ポイ活におすすめなクレジットカードの特徴

ポイントサイトには、数多くのクレジットカードが掲載されています。

その中でも、ポイ活女子におすすめなクレジットカードの特徴を解説していきます。

特徴①もらえるポイント数が高い

ポイントサイトに掲載されているクレジットカードの中でも、もらえるポイント数は500ポイント程度〜1万ポイント以上のものまで、様々なものがあります。

同じような工程を踏むのであれば、ポイント数が高い方が嬉しいですよね。

稼ぐための時間単価として考えても、時間の効率よく稼げるはずです。

ポイント数の目安としては、1枚あたり1,000ポイント以上のものを選ぶことをおすすめします。

クレジットカードの申し込み自体は10分程度で完了するものが多いため、10分で1,000円以上を稼げたら非常に効率が良いですよね。

ただし、自分がポイ活に関係なく申し込みたいクレジットカードなのであれば、ポイント数を気にせずに申し込みましょう。

特徴②簡単な条件達成でポイントがもらえる

ポイ活をする際には、それぞれの案件に対して「達成条件」が設けられています。

この条件の難易度が高いと、ポイントをもらうのが難しかったり、余分にお金がかかってしまったりするため、条件の難易度が低いものを選びましょう。

例えば、以下のような達成条件があります。

  • 新規カード発行
  • 新規カード発行+ショッピングでカードを利用
  • 新規カード発行+キャッシングでカードを利用

キャッシング利用が必要なクレジットカードの場合、キャッシングする分の利息や手数料が必要となってしまいます。

特にカードを利用する予定がないのであれば、「新規発行のみ」でポイントを獲得できる案件を選ぶことをおすすめします。

特徴③年会費無料もしくは年会費が安い

せっかくカードを申し込んでポイントをもらえたとしても、年会費が高いカードの場合は、収支がマイナスとなってしまう可能性があります。

そのため、基本的には年会費が無料のカードをおすすめします。

また、年会費が有料のカードを作る際には、もらえるポイント数と年会費を見比べて、どれくらいの収益が出るのか確認した上で申し込みましょう。

ポイ活におすすめのクレジットカード5選

それでは、ポイ活におすすめのクレジットカードを5つ厳選して紹介していきます。

どのカードも、上記の特徴をクリアしているものばかりなので、ぜひポイントサイトを見てみてくださいね。

ただし、ポイントサイトでもらえるポイント数や達成条件は日々変動するため、事前に調べた上で申し込むことをおすすめします。

楽天スーパーポイント派なら楽天カード

楽天スーパーポイント

楽天市場で頻繁にやっているポイント○倍キャンペーンが魅力。楽天グループサービスを使っているなら利用料金に使うこともできますし、楽天Edyに交換することも可能。Edyにすれば使える店舗も増え、さらに使いやすくなるでしょう。

楽天ポイントカードアプリを使うと水曜日は5倍になる特典も。

ポイ活におすすめのカードの定番といえば、楽天カードです。

現在日本で一番人気のクレジットカードでもあるので、安心して申し込むことができます。

まだ楽天カードを持っていない方がいれば、ぜひポイ活で申し込みましょう。

楽天カードの特徴

楽天カードは、年会費無料にも関わらずポイント還元率1%を維持している人気カードです。

楽天市場で買い物をすると還元率が常に2%も上がることに加え、ポイント還元率がアップするSPU(スーパーポイントアッププログラム)によって、最大16倍ものポイントを獲得することができます。

楽天市場を始めとして、楽天サービスを利用している方は必携のカードです。

楽天経済圏に踏み入れたい方は、まず楽天カードを作ることから始めましょう。

年会費無料
ポイ活でもらえるポイント数1,500〜6,000ポイント前後
基本ポイント還元率1%
貯まるポイント楽天ポイント
追加カードETCカード、家族カード

楽天カードがポイ活におすすめな理由

楽天カードは常に大々的なキャンペーンを開催しており、公式サイトから申し込みをしても数千ポイントがもらえます。

ポイ活と組み合わせると、タイミングによっては1万ポイント程をもらえることもあるため、非常にポイ活と相性の良いカードと言えるでしょう。

ポイントサイトでの獲得ポイント数も常に高い傾向にあります。

リスクなく手軽に高いポイントを獲得できるので、ポイ活初心者におすすめです。

PayPayボーナス派ならPayPayカード(旧ヤフーカード)

最近、PayPayとの連携によって利用者数が急激に伸びているPayPayカード(旧Yahoo!JAPANカード)

ネットではヤフーショッピングの利用で貯めやすく、「PayPayカード(旧Yahoo!JAPANカード)」払いにすれば還元率も上がります。

PayPayやTSUTAYA、Yahoo!ショッピングなどを利用する方からの人気が高いカードです。

PayPayカードの特徴

PayPayカードは、年会費無料にも関わらずポイント還元率が1%の高還元カードです。

カードを利用するとTポイントが貯まるため、全国各地様々な場所でポイントを利用することができます。

Yahoo!ショッピングやLOHACOの支払いに利用するとポイント還元率が3倍になるため、Yahoo系サービスを利用する頻度の高い方におすすめです。

また、PayPayの残高にチャージできる唯一のカードなので、PayPay利用者は必携の一枚と言えるでしょう。

年会費無料
ポイ活でもらえるポイント数2,000〜4,000ポイント前後
基本ポイント還元率1%
貯まるポイントPayPayボーナス(旧Tポイント)
追加カードETCカード、家族カード

PayPayカードがポイ活におすすめな理由

PayPayカードは年会費が無料のカードにも関わらず、ポイントサイトを経由すると3,000円前後のポイントをもらうことができます。

たった10分程度の申し込み作業で、これだけの報酬がもらえたら満足ですよね。

また、PayPayカードは審査が早いことでも知られており、申し込みから1週間程度でカードが発送されます。

カードが発行された時点でポイントサイトの条件が達成されるため、カードの審査は早い方が安心できます。

dポイント派ならdカード

dポイント

有効期限が一番長いポイントサービス。2015年12月まではドコモユーザー限定でしたが、現在は共通ポイントに。ドコモ系なのでドコモ携帯利用者にとって利便性が高くなっています。

対応店舗はまだ少ないものの、日常的に使うショップとの提携も進んでますし、今後さらに使い勝手が上がっていくでしょう。

NTTドコモが発行しているdカードは、ドコモユーザーはもちろんのこと、日常で利用するカードとしても便利です。

ポイントサイトでも比較的高いポイント数を獲得できるため、まだカードを持っていない方は、ぜひポイントサイト経由で申し込みしてみてください。

dカードの特徴

dカードは、ドコモの携帯料金支払いでもポイントが貯まるカードです。

一方でドコモ以外でも利用価値が高く、dカード特約店であるローソンやマクドナルド、ENEOSなど様々な店舗でお得に利用できるため、ドコモユーザー以外にもおすすめします。

dカードは年会費無料のカードですが、ポイント還元率が1%と非常に高い水準です。

年会費無料
ポイ活でもらえるポイント数2,000ポイント前後
基本ポイント還元率1%
貯まるポイントdポイント
追加カードETCカード、家族カード

dカードがポイ活におすすめな理由

dカードも楽天カードと同じように、新規入会キャンペーンがお得なことで知られています。

新規入会で最大8,000ポイント程をもらえることもあるので、ポイ活と組み合わせると1万円分のポイントを獲得することもできるでしょう。

また、dカードの上位カードである「dカードゴールド」は年会費が11,000円の有料カードですが、ポイントサイトを経由すると、公式サイトのキャンペーンと合わせて3万円分以上のポイントがもらえます。

dカードゴールドの特典内容を見て、自分に合っていればそちらを検討してみても良いかもしれません。

ファミマTカード

ファミマTカードは、ファミリーマートが発行しているクレジットカードです。

年会費無料で審査の簡単なカードなので、発行難易度の低いカードと言えるでしょう。

ファミマTカードの特徴

ファミマTカードを使ってファミリーマートで買い物をすると、ポイントが常に2%も貯まります。

基本のポイント還元率は0.5%と一般的ですが、ファミリーマートの利用頻度が高い方にとっては、ザクザクとポイントを貯められるカードです。

また、カードを使うとTポイントが貯まるため、ポイントの使い勝手の良さも抜群です。

年会費無料
ポイ活でもらえるポイント数1,000〜1,500ポイント前後
基本ポイント還元率0.5%
貯まるポイントTポイント
追加カードETCカード

ファミマTカードがポイ活におすすめな理由

ファミマTカードは、年会費無料かつ審査のハードルが低いため、多くの方が申し込みやすいカードです。

ポイントサイトでポイントをもらうためには、カードを申し込むだけでなく「発行」されないといけません。

ファミマTカードは学生や主婦、アルバイトの方も申し込むことができるので、ポイントをもらえやすいカードと言えます。

イオンカード

イオンカードは、イオンが発行している年会費無料のカードです。

カードの種類が豊富なため、自分に合ったカードを選ぶことができます。

イオンカードの特徴

イオンカードは、普段イオン系列の店舗を利用する機会が多い方におすすめします。

毎月イオンで開催されている「お客様感謝デー」では、イオンカードを持っているだけで買い物が5%割引になるため、非常にお得です。

また、カードの券面がミニオンズヤディズニーのものもあり、コレクションとしての人気も高いカードです。

年会費無料
ポイ活でもらえるポイント数1,000〜4,000ポイント前後
基本ポイント還元率0.5%
貯まるポイントときめきポイント
追加カードETCカード、家族カード

イオンカードがポイ活におすすめな理由

「イオンカード」と言っても、その種類はたくさんあり、ポイントサイトに掲載されているイオンカードにも複数のカードがあります。

カードの種類によってもらえるポイント数が異なるため、タイミングによって高いポイント数のイオンカードを選ぶことができます。

Pontaポイント

Pontaポイント

利用者数は2番めに多いものの、対応店舗数で遅れを取っているポイントサービス。ですが大手コンビニ「ローソン」で貯まる何かと使い勝手のいいサービスです。

dポイントと等価交換できるので、ドコモのスマホ代に当てることも可能です。

【まとめ】クレジットカードを作るときはポイントサイトで!

本記事では、ポイ活におすすめなクレジットカードを5つ紹介しました。

クレジットカードはポイ活と非常に相性が良いため、カードを作る際には、必ずポイントサイトを確認するようにしてください。

なお、ポイントサイトに掲載される案件やポイント数は、日々変動します。

お得なタイミングを逃さないように、適宜チェックしておきましょう。

目次
トップへ
目次
閉じる